top of page

色によってこんなに違う!外壁の色がもたらすおうちの印象や効果


世田谷ホーム|色がもたらすおうちの印象や効果

リフォームの際に、せっかくだから今と別の色にしようかとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。外壁の色は家の印象を決める大切な選択です。

ずっとお気に入りの色で過ごすために、色選びの際に知っておくべきポイントがあります。



色の与える印象や効果を知っておく

色にはそれぞれ見る人に与える印象があります。色の持つ印象や効果について知っておくと選ぶときの参考になります。

⚫︎白系・・・

清潔感、若々しさ、フレッシュな印象を与える白は、家が明るく華やかになります。膨張色ともいわれており、家が広く見えるといった効果も。また、どんな色の屋根やサッシとも相性が良いので、和風・洋風を選びません。

⚫︎中間色(ベージュ系・グレー系)・・・

中間色と呼ばれるベージュ系やグレー系は、白やビビット系のはっきりとしたカラーとは違い、曖昧なカラーがナチュラルに周りの風景と馴染みやすく、柔らかな印象を与えます。

赤・黄・青の三原色のバランスで構成された絶妙なカラーリングで、同じベージュ系でも、赤みがかったベージュや、黄色が強いベージュなど、微妙なバランス加減で印象が変わり、外壁では人気の高い色です。

⚫︎黒などの濃い色・・・

引き締まった印象を与えてくれる濃い色味は、オシャレで高級感のある雰囲気をもたらしてくれます。白とは反対で、重みを感じさせる色味なので、周りの景色や屋根、サッシの色との相性をよく考えて選んだほうが良いでしょう。


暖色・寒色で変わるイメージ

暖色系と寒色系に分類すると、それぞれにもたらす色の効果をなりたい家のイメージに反映することができます。


《暖色系(赤・黄色・オレンジ系)》

視覚的に温かみを感じさせる暖色系は、明るく元気なイメージを与えます。実際のものよりも膨張し大きく見える効果があり、外壁に採用すると、建物が迫り出したようにみえることもあります。

《寒色系(青・青緑・青紫系)》

落ち着いた雰囲気を醸し出す寒色系は、冷たさをイメージさせる一方で、大人っぽさやクールでおしゃれな印象をもたらします。また心が落ち着く効果があり、インテリアや内装にもよく取り入れられるカラーです。


このように、色にはそれぞれ視覚的・心理的に与えるイメージがあり、色ののもつ意味を含めて考えると、選ぶ幅が広がります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。




=============================================================



外壁・屋根塗装は世田谷ホームにご相談ください!

《お問い合わせ先》

世田谷ホーム株式会社 

⚫︎フリーダイヤル:0120-572-881(9:00~19:00/お盆・正月休みを除く)

⚫︎ホームページからのお問い合わせフォームからも受け付けております。

→(https://www.setagayahome.com/contact)


Comments


最新記事
アーカイブ
タグから検索
bottom of page